キレイモ

MENU

キレイモ(kireimo)はNo.1全身脱毛サロン

キレイモ(kireimo)は、No.1全身脱毛サロンとして大人気。プロのモデルさんなど芸能人で利用する人も多く、今では日本全国の全身脱毛サロンがキレイモ(kireimo)を目標にしています。


キレイモ(kireimo)の特徴は、脱毛技術が高いこと。一番痛くない脱毛サロンという評価を確立していて、脱毛効果も一番高い。快適さと脱毛効果を両立しています。


キレイモ(kireimo)は全身脱毛サロンですから、全身どの部位でも脱毛可能。脱毛部位を気にする必要もありません。全身隙なくムダ毛がないツルスベ肌を実現できます。


キレイモ(kireimo)は月額制とパックプランの都合の良い方を選ぶことができるので、料金的にも通いやすい全身脱毛サロンです。たとえば妊娠などで通えなくなる可能性を感じている場合は月額制を選ぶなど、状況に応じて支払い方法を選ぶことができます。


キレイモ(kireimo)は全国展開している全身脱毛サロンなので、もし転勤とか結婚で引っ越しすることになっても安心です。サービスレベルも日本全国の店舗で統一。どこのキレイモ(kireimo)店舗に行っても、同じ対応で戸惑うことがありません。


キレイモ(kireimo)は脱毛技術が高いから、しっかり通えば、どんどんムダ毛も少なくなってきます。効果があらわれてくるのも早いので、お客の回転も良くなり、予約も取りやすい。料金も手頃で、自分に合わせた料金プランを選ぶことができます。つまり弱点がありません。


全身脱毛したい!という場合、キレイモ(kireimo)に通うことができる地域に住んでいるなら、キレイモ(kireimo)以外の脱毛サロンを選ぶことはあり得ない。というぐらい、キレイモ(kireimo)は優れた全身脱毛サロンです。


いまは全身脱毛サロンがたくさんありますけれど、サロン選びで迷っている人が間違った選択をして欲しくない!という思いから、こちらのサイトを立ち上げました。全身脱毛のこと、キレイモ(kireimo)のことを正しく理解するために、脱毛についても多くの情報を掲載しました。


全身脱毛したいなら、キレイモ(kireimo)が本当におすすめです。ぜひ当サイトを読んで、キレイモ(kireimo)を選ぶひとが増えたら嬉しいです。

 

>>公式サイトはこちらから<<

http://kireimo.jp/

全身脱毛はとてもオトクな自己投資

女性である限りは、ムダ毛の処理からは逃れられません。いろいろ複雑な気持ちも感じるけど、女性がムダ毛を見せないというのは、社会的に求められる身だしなみになっています。


何歳までムダ毛の処理をする?と考えると、死ぬまで、一生続けることになるんじゃないでしょうか。独身のうちは、もちろんキレイでいたいけれど、結婚してママになってもやっぱりキレイでいたいですよね。


子どもが大きくなって、お婆ちゃんになったらどうだろう。やっぱり身だしなみにも気を使った、素敵なお婆ちゃんになりたいですよね。そう考えると、ムダ毛の処理って、一生続くことになるんだろうと思います。


生涯続くことなら、できるだけ早いタイミングで専門の脱毛サロンに通って脱毛施術を受けてしまうのが一番良いです。できるだけ早いタイミングで決断することが重要。


ムダ毛を自分で取り除くことを自己処理といいますが、20代から一生ムダ毛の自己処理を続けたとしたら、ムダ毛処理に費やす時間とお金は莫大なものになってしまいます。


ムダ毛の処理が趣味でもない限り、これは100%無駄な時間とお金です。この事実にまずきちんと向き合うことが重要ですよ!人生の時間は永遠じゃないんです。


できるだけ早いうちに全身脱毛サロンに通って、ムダ毛の自己処理をしなくて済むようにすると、時間とお金が節約できますし、自己処理で肌が荒れちゃう危険性も減らすことができます。


つまり、全身脱毛って、実はすごくオトクな自己投資なんです!


全身脱毛は確かにお金がかかるけど、これは自己投資なんです。私は借金してでもやる価値は大きいと思う。だって、いちど脱毛してしまえば、その後は自由になる時間とお金がどんどん増えていくんだから。


学生の人とかは分からないかもしれないけど、社会人ならきっと理解できると思う。投資をするからリターンがあるんですよね。リターンが先にあるということは絶対ないです。


全身脱毛してしまえば、キレイになれて、時間とお金もどんどん生まれてきます。夏とか冬とか、季節は正直関係ないと思うんですよね。思い立ったら即脱毛!一生で考えると絶対に損することは無いからね。

 

脱毛するために毛乳頭に熱を伝えます

脱毛って、具体的にはどうするの?ということですけれど、それを理解するためにはムダ毛の構造を簡単に理解しておくことが必要です。ムダ毛は、毛穴から出ていて目に見える部分を毛幹、毛穴の下の目に見えない部分を毛根とよびます。


当然だけど、見た目上は毛幹部が無くなることが重要ですよね。でも、ムダ毛の重要な部分はぜんぶ毛根部にあるんです。毛根部には、毛包という袋状の組織があります。毛包の皮膚への出口が毛穴なんですね。


毛包の奥、ムダ毛の根元には毛母細胞がぎっちり集中しています。毛母細胞は、人間の細胞の中でももっとも細胞分裂が早い細胞です。だからムダ毛って、体感できる速さで伸びていくんですね。


脱毛するには、ムダ毛が伸びなければ良いわけだから、毛母細胞を無くしたらいいんじゃない?と思うかもしれないですけど、ちょっとだけアプローチが違うんですね。


毛母細胞のさらに奥には毛乳頭があります。毛乳頭のまわりを毛母細胞が取り囲んでいるのですが、イメージとしては、毛乳頭が果実の種で、果実の実の部分が毛母細胞と考えるとよいです。


毛乳頭の働きは、毛細血管から栄養を取り込み、それを毛母細胞に渡すこと。脱毛は、この毛乳頭を毛乳頭の働きは、毛細血管から栄養を取り込み、それを毛母細胞に渡すこと。脱毛は、この毛乳頭をターゲットにしているんです。


ムダ毛の素になる毛母細胞ではなくて、毛母細胞に栄養を渡している毛乳頭の働きにダメージを与えることで、毛母細胞が成長できない(ムダ毛が生えない)ようにするんです。


いま主流の脱毛方法は、レーザー脱毛とか光脱毛ですが、どちらも光の熱を毛乳頭に伝えて脱毛を起こすことは共通しています。ただ、これも直接、毛乳頭を熱するわけじゃありません。


照射した光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンにいちど吸収させて、それをムダ毛を伝って毛根部に伝えて毛乳頭を熱するんです。


毛母細胞を働くなるために、間接的に毛乳頭をターゲットにする。その毛乳頭の働きを弱めるために、ムダ毛の黒色のメラニンを介して間接的に熱を伝える。


色々なところで間接的に何かを介して、脱毛を実現しているんですね。

脱毛が完了するまでの期間が長いのは毛周期があるから

人間の体毛は、毛周期というサイクルに従って生え変わっています。毛周期は大きく、成長期、衰退期、休止期の3期に分かれています。成長期を前期・後期に分けて4期で考える説もありますが、大きくは3期と考えていて良いです。


それぞれ字の通りで、成長期は体毛が伸びていく時期、衰退期は体毛が抜け落ちていく時期、休止期は次の体毛を生やすために細胞が休んでいる時期です。


レーザー脱毛とか光脱毛は、照射した光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンにいちど吸収させて、それをムダ毛を伝って毛根部に伝えて毛乳頭を熱することで、脱毛しているんですね。


ということは、ムダ毛が生えていないとそもそも脱毛できないってことなんです。脱毛サロンは、これを、成長期にあるムダ毛にしか脱毛施術は行えませんとか、そういう言い方で説明しています。


毛周期は体の部位によって異なります。月単位で回る部位もあれば、年単位で回る部位もあります。もっとも毛周期が長いのは頭髪です。女性の場合、4〜6年で一巡すると言われています。


体毛の場合はそれよりもずっと短くはなりますが、それでも年単位の部位は存在します。脱毛は、成長期にしか効果がありませんから、とにかく毛周期が一巡してくれないことには脱毛は終わりません。


全身脱毛が終わるまで、2〜3年はかかると言われるのもこのためです。


脱毛回数で言うと、最低18回ぐらいは必要で、できれば24回ぐらいあるとベストという感じになります。最初の6回〜8回ぐらい終えると、かなりムダ毛が減ったのを体感できます。


ここで止めてしまわずに、辛抱強く残りのムダ毛が成長期に入るタイミングを見計らって脱毛して行って、完成させていくというイメージです。


繰り返しますけど、全身脱毛が完成するまでには、2〜3年はかかります。これは脱毛サロンのエステティシャンが手を抜いているわけじゃなくて、仕組み上、どうしてもそれだけの時間が必要なんですね。


最初の1年でかなりの効果は実感できますから、それだけでだいぶ自己処理はラクになります。でも、そこで止めちゃダメ!しつこーく、施術を重ねていってください。最後までやり切ると、その後は何十年も楽できるんですから。

医療脱毛とエステ脱毛はどこが違うのか

キレイモ(kireimo)は、エステ脱毛(脱毛サロン)に区分されますが、脱毛には他に医療脱毛と呼ばれるものもあります。エステ脱毛と医療脱毛の違いは、脱毛方法が違います。これは、医師法の規制ががあるためです。


医療脱毛は、出力が高いレーザー脱毛を行うことができる反面、医師法の規制を受けます。レーザー脱毛は、医師が常駐する医療機関でないと取り扱うことができません。


エステ脱毛は、医師法の規制の外にあるので、レーザー脱毛は法的に使うことができす、光脱毛という方法を用いています。医師とか看護士を配置する必要は無くて済みます。


照射する光がレーザーかどうかということは、基本的に脱毛効果には関係がありません。脱毛効果に関わってくるのは、照射する光の出力、強さです。


実際、レーザー脱毛と光脱毛では、照射する光の強さはかなり違います。


光の強さは、J(ジュール)という単位で表されますが、光脱毛の場合は最大で7J/cm3程度です。レーザー脱毛の場合は、最大で30J/cm3を超えます。4〜5倍の出力差はあるわけです。


ところが、人間のムダ毛を脱毛するためには、5〜6J/cm3もあれば、ほとんどの場合をカバーできます。これは光脱毛機で十分カバーできる出力です。


レーザー脱毛機で、それよりも高い出力での照射が可能になっているのは、1つにはどうしても抜けないムダ毛を1回で処理するため、もう1つにはベースの出力を上げて短時間で処理するため、という傾向が強いです。


また、エステ脱毛(脱毛サロン)と医療脱毛クリニックの違いは、利用客に対する姿勢にも現れています。


医療脱毛クリニックは、良くも悪くも要するに病院組織です。おもてなし、ホスピタリティという意味では、エステ脱毛(脱毛サロン)の方が優れていると感じることが多いでしょう。


全身脱毛は1回の施術にそれなりの時間がかかります。10〜20分で終わるということはあり得ません。エステ脱毛(脱毛サロン)の方が快適なのは間違いなく、これはエステ脱毛(脱毛サロン)の長所と言って良いと思います。

永久脱毛の定義はかなり微妙です

医療脱毛とエステ脱毛の違いはもう一つあって、医療脱毛は永久脱毛と呼ぶことができます。呼ぶことができる、って微妙な言い方じゃない?って思われるかもしれませんが、実際、微妙なんです。


医師法で、医療脱毛は永久脱毛と呼ぶことができるとされていますが、この場合の永久脱毛の定義が問題です。普通の人は、永久脱毛と聞くと、文字通り、2度とムダ毛が生えない状態を想像すると思いますが、違います。


永久脱毛の定義は、日本も加盟している米国電気脱毛協会(AEA)の定義が用いられています。AEAの定義は、「脱毛完了後、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であること」です。つまり定義上は、完全に毛が生えてこないことが永久脱毛というわけでは無いんです。


AEAの永久脱毛の定義は、レーザー脱毛が発明される以前の1958年に制定されたものです。ここ数十年の脱毛技術の進化を反映していないんですね。


AEAの定義、「脱毛完了後、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であること」を満たすことは、エステ脱毛でも十分可能ですし、正しく使えばおそらく家庭用脱毛機でも可能でしょう。


それでも、法律上の問題で、エステ脱毛(脱毛サロン)は永久脱毛という言葉を使うことができません。永久脱毛の問題の一つは、言葉の定義と、脱毛技術の進歩の実態が乖離してしまっていることから生じていると言えます。


ただし!です。永久脱毛を、多くの人が想像するであろう、2度とムダ毛が生えない状態が実現できるかどうか?と考えると、これは医療脱毛で使うレーザー脱毛の方が実現しやすいのは間違いありません。


医療脱毛クリニックは、麻酔を使うことができますので、高い出力の光で脱毛を進めることができます。


医療脱毛クリニックは、高くて痛いので、せめて脱毛効果だけは高くないと、存在意義がありません。2度とムダ毛が生えない状態を実現しようとして、麻酔をかけて高出力の光を照射する傾向が強くなってきています。


このため、意外に思われるかもしれませんが、肌のトラブルは、エステ脱毛よりも医療脱毛クリニックの方が多いんです。

脱毛サロンで永久脱毛できるの?

法律上の問題で、エステ脱毛(脱毛サロン)は永久脱毛という言葉を使うことができません。法律の問題を離れて、エステ脱毛(脱毛サロン)で、永久脱毛という場合に多くの人が想像するであろう、2度とムダ毛が生えないという状態は実現できるのでしょうか。


結論から言うと、実現できるけれど、高い脱毛技術も必要になってくるので、多くの脱毛サロンではそこまで追求してはいない、という状況があります。


エステ脱毛(脱毛サロン)では、ムダ毛を再発することを、ある程度割り切って認めてしまう脱毛サロンが増えてきてます。キレイモ(kireimo)の競合店となりますが、銀座カラーとかC3(シースリー)がそうで、ムダ毛は再発するから生涯保証を付けて対応しますね、という方向性です。


脱毛は最初の段階(例えば最初の1年)の体感効果がとても大きいので、そこで満足してしまう利用客も多いんですね。利用客の側でも、安い料金で、ムダ毛が相当減ってくれればそれでOKと考える人は増えてきています。


銀座カラーとかC3(シースリー)の場合は、究極的に高い脱毛効果を求めているというよりも、費用対効果のバランスを考えているという感じです。


キレイモ(kireimo)の場合は、脱毛技術と施術回数でムダ毛の再発をクリアできるとしています。管理人が取材した限りでは、エステ脱毛(脱毛サロン)で、ほぼムダ毛の再発が無いレベルを実現できるとしているのはキレイモ(kireimo)だけです。


キレイモ(kireimo)は、あくまで脱毛施術の品質を追求しているんですね。エステ脱毛(脱毛サロン)のなかで、脱毛効果がもっとも高いのは間違いなくキレイモ(kireimo)です。


法律の規制はWebサイトにも適用されるので、キレイモ(kireimo)なら、永久脱毛という場合に多くの人が想像するであろう、2度とムダ毛が生えないという状態が実現できる!と書くことはできないのですけれど、非常に高い効果が期待できるとは言うことができます。

痛くない脱毛をどうやって実現するの?

レーザー脱毛と光脱毛では、照射する光の強さがかなり違っています。光脱毛の場合は最大で7J/cm3程度で、レーザー脱毛の場合は、最大で30J/cm3を超えます。4〜5倍の出力差があります。


照射する光の出力が高いと、脱毛効果も高いのですが、痛みも加速度的に強くなっていきます。体感的には、光脱毛機の上限近くの7J/cm3程度でもかなり痛いです。


レーザー脱毛機で、高出力の照射をする時には、麻酔の使用が前提になっています。麻酔を使うから、医療機関、つまり病院である必要があるんですね。


キレイモ(kireimo)は、体への負担が少なくて済む、低出力の光で何度も照射を繰り返して脱毛して行くという手法をとっています。キレイモ(kireimo)が痛みが無いのに、脱毛効果が高いのはこのためです。


その一方で、デメリットになり得る部分としては、脱毛が完成するまでには時間がかかるということが上げられます。キレイモ(kireimo)の場合、完成までに少なくとも2年間は考えておくと良いと思います。


どっちみち毛周期の問題があるので、医療脱毛クリニックでも、脱毛が完成するまでの時間を極端に短縮することはできません。


体感値で言うと、医療脱毛クリニックの場合は、最短15か月〜18カ月ぐらいで脱毛完成となるところ、キレイモ(kireimo)の場合は約2年(24か月)ぐらいはかかると、そのぐらいの時間差です。


キレイモ(kireimo)は、痛くない低出力の光で、時間をかけて丁寧に脱毛して行く方針をとっている全身脱毛サロンです。結果的に、肌のトラブルも非常に少なくて済むという効果も産んでいます。